読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

住民税

住民税とは、計算方法について説明します。

住民税 退職

住民税 退職

退職したときに住民税はしっかり考えないといけない問題の一つになります。

 

会社勤めの時は特別徴収でお給料から天引きされていますが、退職したら普通徴収になり、自分で払わなければなりません。

 

会社によっては、今後の住民税を全額最終月の給料から差し引いてくれるところもありますが、残りの月数が多いときはそのようなことも出来ません。

 

退職後も毎月住民税の支払いがあるということは意識する必要があるのです。

広告を非表示にする

住民税 普通徴収

住民税 普通徴収

普通徴収とは住民税の徴収方法のひとつです。

 

特別徴収は給料から天引きなのに対して、普通徴収は自分で直接支払う方法です。

主に個人事業主の方などはこのスタンスで住民税を払っています。

 

今は便利なので、ATMやコンビニから支払うことが出来るので、そんなに不便に感じることもありません。

 

役所的には特別徴収の方が徴収漏れを防げるので、普通徴収にしている会社は、役所から特別徴収の切り替えの要請が来ることもありますので、給与所得者の方には採用しにく制度です。

広告を非表示にする

住民税 年収

住民税 年収

住民税は年収いくらからかかるのか?

 

給与所得者の場合は住民税は年収103万を超えると所得税が課されることになりますが、住民税の場合は所得控除の金額などが所得税と異なります。

 

結論を言うと100万円を超えるとかかってきます。

 

所得が35万円以下の方は非課税制度でかからないので、給与収入100万円だと、給与所得が35万円なので、100万円を超えたところが住民税の課されるラインになるのです。

広告を非表示にする

住民税 扶養

住民税 扶養

住民税にも所得税と同様に扶養控除が存在します。

基本的に所得要件などは所得税と同じで38万円以下、給料なら年間103万円以下だと所得は38万円以下になります。

 

ただし金額が所得税とは異なり、次のような金額になります。

一般の扶養親族 33万円

特定扶養親族  45万円

70歳以上   38万円

70歳以上で同居の直系尊属 45万円

 

このように異なります。

ただし、住民税は地方が計算してくれるので、アルバイトやパートの方は103万円を超えないことだけを気を付ければいいでしょう。

広告を非表示にする

住民税 控除

住民税 控除

住民税の中にも所得税と同様に所得控除が存在します。

気をつけなければならないのは所得控除の金額が所得税のものとは金額が異なることです。

こちらは所得控除の金額を掲載している東京都のホームページです。

→ 東京都のホームページ

 

5の「生命保険料控除額」から13の「基礎控除額」まで所得税の控除額と比べると少し少ないです。

 

基本的な計算方法自体は相違はないのですが、金額的な面や税率での面でこのように違いがありますので、それは忘れずにいることが大事になるでしょう。

広告を非表示にする

住民税 特別徴収

住民税 特別徴収

住民税は特別徴収で徴収される方法が主流となっています。

特別徴収とは給料などから天引きされる方法で、反対に自分で払う方法を普通徴収と言います。

 

最近特に東京、神奈川、千葉、埼玉などの首都圏は特別徴収をさせる動きを強くしており、特別徴収にしないと特別徴収にするようにいわれるくらいです。

 

それでも何かしら理由があれば普通徴収が認められますので、特別徴収にすると手取り額が著しく少なくなるなど、何か理由がある方は直接役所に申し出るなどして普通徴収にするようにしましょう。

広告を非表示にする

住民税 非課税

住民税 非課税

住民税には非課税制度があります。

非課税とはその名の通り「税を課さない」制度で、この適用を受ける方は所得割、均等割が0円になります。

 

では、非課税になる場合とは?

生活保護受給者

・前年の合計所得が一定金額以下

このどちらかを満たせば非課税となります。

 

基本的には住民税はお住まいの役所が計算してくれますが、そのような非課税制度があることを知っておくと便利でしょう。

広告を非表示にする
SEO対策テンプレート