住民税

住民税とは、計算方法について説明します。

住民税 医療費控除

住民税にも所得税と同様に医療費控除があります。 医療費控除はどのように計算されるのかというと、 こちらも所得税と同じ計算方法で 医療費ー10万円=医療費控除額 となります。 10万円は所得金額が200万円未満の方は 総所得金額×5%になります。 …

ふるさと納税 住民税 控除

ふるさと納税は住民税の控除制度です。 12月31日までに手続きを行うことで、翌年の住民税から控除されます。 ちなみに12月31日までに手続きできるふるさと納税サイトって限られてます。 やるならこちらがおすすめです。 こちら ↓

住民税 控除 生命保険

住民税での生命保険料控除、これは所得税の年末調整や確定申告の際に行っていれば、住民税の計算上でも控除されます。 ただし、金額は所得税と異なることに気を付ける必要があります。 所得税の場合、旧規定が一般、個人で各5万円ずつ、最高10万円。 新規…

住民税 控除 子供

子供がいる場合には住民税には扶養控除が適用できる可能性があります。 この、扶養控除は子供の人数、年齢に応じて所得を控除してくれる規定です。 子どもの所得が38万円以下、お給料で言うと、年収103万円以下であり、生計が同じ場合に適用できます。 …

住民税 滞納

住民税を滞納したらどうなるのか? 特別徴収の場合は会社がミスをしなければ滞納にはなりませんので、心配する必要はありませんが、普通徴収の場合は、自分で納めるので、期日までに納めなければなりません。 もし、忘れれば延滞金が課されます。 最初の1月…

ふるさと納税 住民税 控除

ふるさと納税をすると、住民税の方で税額控除がされます。 正確に言うと、所得控除の寄付金控除と、税額控除の両方が発生するのです。 では、控除される金額はどのくらいか? 2パターンあります。 最初のパターンは ふるさと納税額ー2千円ー所得税の控除額…

住民税 特別徴収 義務

住民税の特別徴収は、給与を払う者はほとんどがその義務を負います。従業員が2人以下だったり、毎月給与を支給しているわけではない場合などには特別徴収しなくていい場合もありますが。 しかし、義務であっても必ずしも特別徴収しないといけないわけではあ…

住民税 決定通知書

住民税の決定通知書とは、1年分の住民税が通知されているものです。 あなたの職場が提出した給与支払報告書やあなた自身で提出した確定申告書の数値を基に作成され、 今流行りのふるさと納税でワンストップ特例制度を適用した場合にはここからふるさと納税…

住民税 均等割

住民税には所得割と均等割があります。 所得割は所得に対して税率を課す税金。 住民税では一律10%と決まっています。 均等割は、全員に対して均等に同じ金額を課すものです。 これは地域によって金額が異なるのですが、大体一律5千円から6千円程度です…

退職金 住民税

退職金には住民税が源泉徴収されることになります。 そして、源泉徴収税率は10%となります。 退職金の10%が徴収されるのか? というと、そうではありません。 退職所得の10%が源泉徴収されます。 退職所得はどのように計算されるのか? 退職金から…

住民税 いつから

住民税は毎年6月から払い始めます。 社会人になると、「住民税っていつから?」という疑問の声が聞こえます。 社会人一年目の方の場合は、4月入社の場合は4月から12月までのお給料に応じた住民税が次の年の6月から払い始めます。 収入がお給料のみの方…

ふるさと納税 住民税

ふるさと納税でお得に節税!! 最近よく聞く言葉ですね。 ふるさと納税は住民税の寄付金控除の特例の1種で、寄付した金額から足切額の2千円を控除した金額のうち、住民税額の2割に達するまでの金額は、寄付した翌年の住民税額から控除する、といった規定…

住民税 年末調整

住民税は基本的に年末調整が行われません。 というのも、住民税は会社が年の初頭に提出する給与支払報告書や確定申告書の金額がベースになるからです。 そして、年末調整で保険料控除の書類などを提出することによって住民税でも保険料控除が適用されること…

住民税 引っ越し

引っ越した場合の住民税はどうなるのか? 住民税はその年1月1日時点の住所のある市町村に6月から翌年の5月まで払います。 では、年の中途に引っ越した場合には払う場所を引っ越した市町村に変える必要があるのか? 結論は変える必要はありません。 1年…

住民税 退職

退職したときに住民税はしっかり考えないといけない問題の一つになります。 会社勤めの時は特別徴収でお給料から天引きされていますが、退職したら普通徴収になり、自分で払わなければなりません。 会社によっては、今後の住民税を全額最終月の給料から差し…

住民税 普通徴収

普通徴収とは住民税の徴収方法のひとつです。 特別徴収は給料から天引きなのに対して、普通徴収は自分で直接支払う方法です。 主に個人事業主の方などはこのスタンスで住民税を払っています。 今は便利なので、ATMやコンビニから支払うことが出来るので、そ…

住民税 年収

住民税は年収いくらからかかるのか? 給与所得者の場合は住民税は年収103万を超えると所得税が課されることになりますが、住民税の場合は所得控除の金額などが所得税と異なります。 結論を言うと100万円を超えるとかかってきます。 所得が35万円以下…

住民税 扶養

住民税にも所得税と同様に扶養控除が存在します。 基本的に所得要件などは所得税と同じで38万円以下、給料なら年間103万円以下だと所得は38万円以下になります。 ただし金額が所得税とは異なり、次のような金額になります。 一般の扶養親族 33万円 …

住民税 控除

住民税の中にも所得税と同様に所得控除が存在します。 気をつけなければならないのは所得控除の金額が所得税のものとは金額が異なることです。 こちらは所得控除の金額を掲載している東京都のホームページです。 → 東京都のホームページ 5の「生命保険料控…

住民税 特別徴収

住民税は特別徴収で徴収される方法が主流となっています。 特別徴収とは給料などから天引きされる方法で、反対に自分で払う方法を普通徴収と言います。 最近特に東京、神奈川、千葉、埼玉などの首都圏は特別徴収をさせる動きを強くしており、特別徴収にしな…

住民税 非課税

住民税には非課税制度があります。 非課税とはその名の通り「税を課さない」制度で、この適用を受ける方は所得割、均等割が0円になります。 では、非課税になる場合とは? ・生活保護受給者 ・前年の合計所得が一定金額以下 このどちらかを満たせば非課税と…

住民税 計算方法

住民税の計算方法は住民税の所得割と均等割の合計額で計算されます。 所得割とは、課税標準(収入ー経費ー所得控除)に税率をかける方法です。 税率は住民税は一律10%となります。 ちなみに県民税と市民税に分かれているときは市民税6%と県民税4%とな…

SEO対策テンプレート