住民税

住民税とは、計算方法について説明します。

住民税 控除 生命保険

住民税での生命保険料控除、これは所得税の年末調整や確定申告の際に行っていれば、住民税の計算上でも控除されます。

 

ただし、金額は所得税と異なることに気を付ける必要があります。

所得税の場合、旧規定が一般、個人で各5万円ずつ、最高10万円。

新規定は一般、個人、介護で各4万円、最高12万円。

新旧両方がある場合も最高の控除額は12万円(一般5万、個人5万、介護4万でも14万円とならずに12万円という意味です)

というよう控除額が決まってますが、

 

住民税では、旧規定は5万円でなく3.5万円ずつ。

新規定では4万円でなく2.8万円。

最高で7万円、となります。

 

このように所得税よりは金額が少なくなりますので、ご注意ください。

SEO対策テンプレート